MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 行政情報 > 行政改革 > 市職員の時差出勤を試行実施します

市職員の時差出勤を試行実施します

市では、「働き方改革」の一環として、多様な働き方を可能とし、職員の希望する時間帯での勤務が公務効率の向上へどのような効果を与えるかについて調査を行うため、時差出勤を試行実施します。
時差出勤により、一部の職員について、始業時間や終業時間が通常の時間と異なることとなります。市民の皆様のご理解をよろしくお願いします。

実施期間

令和2年4月1日~令和3年3月31日

実施対象

全職員(管理職員・会計年度任用職員を除く)

内容

時差出勤を希望する職員は、業務に支障がない場合に限り、通常の勤務時間(8時30分~17時15分)に加え、時差A~Fの勤務時間を選ぶことができるようにします。

  勤務時間
時差A 7時00分~15時45分
時差B 7時30分~16時15分
時差C 8時00分~16時45分
時差D 9時00分~17時45分
時差E 9時30分~18時15分
時差F 10時00分~18時45分

その他

窓口等の受付時間(8時30分~17時15分)の変更はありません。なお、一部窓口業務は、4月1日から4月3日まで時間延長して実施します。市民サービスに支障がないよう配慮の上、実施します。
 

お問い合わせ先

曽於市役所 総務課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8801 FAX:0986-76-1122

一番上へもどる