MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 行政情報 > 行政改革 > 申請書等の押印廃止に向けた取り組みのお知らせ

申請書等の押印廃止に向けた取り組みのお知らせ

 

申請書等の押印廃止に向けた取り組みのお知らせ

 曽於市では、市民サービスの向上を図るため、令和2年10月から押印見直しに係る検討を進めてきました。

 検討の結果、市に提出される申請書等について、原則、令和3年4月以降押印廃止に取り組むことが決まりました。

 なお、条例や規則等で明確に根拠が示されていないものについては、即押印を廃止します。

 例外として、法令等に押印が義務づけられているもの・国や県の様式を利用しているもの・実印を求めるもの・市民サービスの観点から押印が望ましいものについては、今後更に検討を進めてまいります。

 【各種申請書等の調査結果】

  申請書件数   約 1,390件         

  令和3年1月15日からの押印廃止件数      約 170件

 ※ 住民票・戸籍証明書の請求書や介護保険認定申請書等

         随時、様式の追加等を行います。

   詳細については、こちら(150KB)このリンクは別ウィンドウで開きますをご確認ください。

  令和3年4月1日からの押印廃止件数(予定) 約 550件

                   合計   約 720件

お問い合わせ先

曽於市役所 総務課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8801 FAX:0986-76-1122

一番上へもどる