○曽於市PR大使設置要綱
平成28年3月31日告示第106号
曽於市PR大使設置要綱
(設置)
第1条 曽於市(以下「市」という。)の知名度の向上及びイメージの高揚を図るとともに,市の魅力を全国に発信するため,曽於市PR大使(以下「大使」という。)を設置する。
(役割)
第2条 大使は,次に掲げる役割を担うものとする。
(1) 大使が活動する様々な場面における市のPR活動
(2) 市が実施する各種行事への協力
(3) 市の振興に関する意見や提言及び有益な情報の提供
(4) その他市長が必要と認める事項
(委嘱)
第3条 大使は,次に掲げるいずれかに該当する者のうちから,本人の同意を得て市長が委嘱するものとする。
(1) 文化,芸術,スポーツ等の分野において活躍している者であること。
(2) 市内外において,自ら市の魅力や情報を積極的に発信する機会を有する者であること。
(3) 市にゆかりのある者で,大使としての活動を意欲的に行うことができると認められるものであること。
(4) その他市長が大使として適任であると認めた者
(任期)
第4条 大使の任期は,特に定めないものとする。ただし,大使の申出により任期を定めることができるものとする。
(解嘱)
第5条 市長は,大使が次の各号のいずれかに該当するときは,大使を解嘱することができる。
(1) 大使を辞することの申出があったとき。
(2) 心身の故障のため,役割の遂行に支障があると認められるとき。
(3) 大使として不適格な言動があり,大使としての適格性を欠くに至ったとき。
(報酬等)
第6条 大使に対する報酬は,支給しないものとする。
2 大使が市長の要請により第2条第2号に規定する活動のため旅行したときは,その費用として謝礼金を支給するものとする。
3 市長は,大使の活動に資するため,次に掲げるものを提供することができる。
(1) 名刺
(2) 市が作成する観光情報誌,ポスター,パンフレット,各種刊行物等
(3) 市の特産品
(4) その他市長が必要と認めるもの
(大使の氏名,肖像等の使用)
第7条 市長は,あらかじめ大使の了承を得た場合に限り(当該大使が了承は不要と認めた場合を除く。),市のホームページへの掲載その他市の広報活動の用に供するため,大使の氏名,肖像等の画像情報を無償で使用できるものとする。
(庶務)
第8条 大使に関する庶務は,企画課において処理するものとする。
2 企画課は,大使から市の振興に関する意見や提言及び有益な情報(以下「意見等」という。)の提供があった場合は,当該意見等をその担当する課等に提供するものとする。
3 前項の提供を受けた課等は,当該意見等について検討し,その結果を市長及び当該大使に報告しなければならない。
(その他)
第9条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が定める。
附 則
この告示は,平成28年4月1日から施行する。