MENU

閉じる

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

国保運営について

国民皆保険を将来にわたって守り続けるため,平成30年4月から,県と市町村が共同で国保を運営することになります。国保の運営について,県が財政運営の責任主体となります。これにより,安定的な財政や効率的な事業運営などを確保し,制度の安定化を図ります。また,県が統一的な運営方針としての国保運営方針を示し,市区町村の事務の効率化,標準化,広域化を推進します。

県の主な役割 市の主な役割
財政運営 財政運営の責任主体
市町村ごとの国保事業費納付金を決定
財政安定化基金の設置・運営
国保事業費納付金を県に納付
資格管理 国保運営方針に基づき,事務の効率化,
標準化,広域化を推進
地域住民への窓口,資格を管理
(被保険者証等の発行など)
保険給付 給付に必要な費用を,全額市に対して支払い
市町村が行った保険給付の点検
保険給付の決定
保健事業 市町村に対して,必要な助言・支援 被保険者の特性に応じたきめ細かい
保健事業を実施

届け出や保険税の納付は今までどおりです

今回の制度改革により、財政運営の仕組みは大きく変わりますが、市民の皆さんの医療の受け方に変更はありません。保険税(料)もこれまでどおり市に納めていただきます。また、各種申請や届け出なども、今までどおり市の担当窓口でできます。

お問い合わせ先

曽於市役所 保健課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8806 FAX:0986-76-8283

一番上へもどる