MENU

閉じる

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金について

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,曽於市国民健康保険に加入している方のうち被用者の方(=雇い主から給与の支払いを受けている方)が新型コロナウイルス感染症に感染した場合,又は発熱等の症状があり感染が疑われた場合に,その療養のため労務に服することができなかった期間に傷病手当金を支給します。

支給要件

 要件は下記のとおりとなりますが,給与収入の全部,又は一部を受け取ることができる方に対しては,給与を受け取ることができる期間は傷病手当金の金額が調整されたり,支給できない場合があります。

 

対象者

 曽於市国民健康保険に加入している被用者(給与等の支払いを受けている人で、個人事業主は該当しません。)のうち,新型コロナウイルス感染症に感染した,又は発熱等の症状があり感染が疑われ,療養のために労務に服することができない方

 

支給対象となる日

 労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から,労務に服することができなかった期間(最長1年6か月)のうち,労務に就くことを予定していた日

 

支給額

【直近の継続した3か月間の給与収入の合計額 ÷ 就労日数】 × 3分の2 × 日数(支給対象となる日)

 ※ 1日の支払いに上限額があります。また,給与収入の全部,又は一部を受け取ることができる場合には傷病手当金を支給できない場合があります。

提出書類

 (1)傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)

 (2)傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)

 (3)傷病手当金支給申請書(事業主記入用)

 (4)傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)  

 ※自宅待機等により医療機関を受診しなかった場合は,(4)傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)の提出は不要ですが,申請書にその旨を記載し,記載内容(休養期間等)について事業主に確認,証明していただく必要があります。

適用期間

 令和2年1月1日から令和2年12月31日まで(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6か月まで)

 

申請方法・お問い合わせ先

 申請には、医師の意見書(医療機関を受診した場合)および,事業主の証明が必要です。詳しくは保健課国民健康保険係へ事前に電話(0986-76-8806)でご相談ください。

 

お問い合わせ先

曽於市役所 保健課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8806 FAX:0986-76-8283

一番上へもどる