MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 新着情報 > 2020年 > 曽於市オープンデータ

曽於市オープンデータ

概要

オープンデータとは、国や地方公共団体が保有するデータのうち、誰もが規約の範囲内で容易に利用(加工、編集、再配布など)できるよう、次のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータのことです。

1.営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの

2.機械判読に適したもの

3.無償で利用できるもの

オープンデータの意義

国は、オープンデータの意義を次のとおり定義しています。

1.経済の活性化、新事業の創出

2.官民協働の促進

3.行政の透明性・信頼性の向上

自治体では、それらに加え、地域の課題を解決するとしています。

曽於市と近隣自治体との取り組み

利用者の利便性向上や、地域横断的なデータ利活用の促進のため、複数の地方自治体が連携して取り組むことが重要です。このため大隅地域4市5町(*)で、令和2年2月より、自治体間で連携したオープンデータの取り組みを開始しました。

(*)大隅地域4市5町自治体:曽於市、鹿屋市、垂水市、志布志市、大崎町、東串良町、肝付町、南大隅町、錦江町

データは下記のサイトからダウンロードすることができます。

曽於市オープンデータサイト(外部サイト)(外部サイトへリンク)

大隅地域4市5町オープンデータサイト(外部サイト)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

曽於市役所 総務課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8801 FAX:0986-76-1122

一番上へもどる