MENU

閉じる

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 交通事故にあったとき

交通事故にあったとき

第三者行為における損害賠償請求権の代位取得による求償

交通事故にあったとき、その治療に必要な医療費は、原則として過失割合に応じて損害賠償金の中から支払われるべきものです。

しかし、支払いが行われるための手続きに時間がかかることがあり、さしあたって必要となる病院への支払に困ってしまいます。そこで、必要な医療費は保険者である曽於市が一時立て替えてもよいことになっています。
つまり、曽於市国民健康保険の被保険者証で
とりあえずは治療を受けることができます。

曽於市国民健康保険の被保険者証で治療を使って治療を受けたとき

曽於市が、過失割合に応じて事故の相手に対し、治療に要した費用を請求することになります。できるだけすみやかに必要書類をそろえて、市役所窓口に提出してください。
(注)他人の犬に噛まれたり、けんか等で負傷した場合も届出をしてください。
(注)事故等により曽於市国民健康保険の被保険者証で治療を受けたときは、示談をする前に市役所窓口に相談してください。

必要書類

保険給付を制限する場合

けんか、酒酔い運転、麻薬等を使用しての運転や故意の事故の場合、保険給付をしない場合もありますのでご注意ください。

お問い合わせ先

曽於市役所 保健課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8806 FAX:0986-76-8283

一番上へもどる