MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 産業・ビジネス > 農林業 > 曽於市伐採及び伐採後の造林の届出書に関する取扱要領の改正について

曽於市伐採及び伐採後の造林の届出書に関する取扱要領の改正について

曽於市では,伐採等の実態を的確に把握し,適正な森林施業及び誤伐等の防止を図ることを目的として、曽於市伐採及び伐採後の造林の届出書に関する取扱要領を定め,平成31年4月1日から施行してまいりました。公共物等の破損や事前着手等が多く見受けられ、曽於市の森林や道路公共物を守るために令和元年10月1日より要領改正いたしました。

 

令和元年10月1日からの主な改正点

(1) 第6条の追加

 「市長は,届出書に虚偽の記載をした者,伐採行為により公共物等を損壊した者及び第三者に影響を与えた者については,その問題が完了するまで届出書を保留し,適合通知書及び届出確認通知書は通知しないものとする。また,新たな届出書についても受理しないものとする。」

2) 様式第1号 伐採及び伐採後の造林の届出書の書式変更

裏面誓約事項の4「伐採・搬出に公共物(市道,農道,林道,作業道,その他)を反復して利用する場合は,申請書又は届出書を提出し,万が一破損した場合は,原形復旧を行います。」に変更になっています。

(3) 様式第2号 確約書の書式変更

確約書の署名捺印は森林管理者のみでしたが,伐採事業者様も署名捺印をするように変更になっています。また,誓約事項4の公共物(その他)の文言が追加になっています。

※9月末以前に署名を頂いている確約書は、10月1日以降も旧書式で提出可能です。

(4) 様式第3号 伐採及び伐採後の造林の届出書チェックリストの書式変更

※様式第4号、5号につきましては変更ありません。

届出に必要な書類等

       ・作業看板を作成及び伐採を開始する30日以内に伐採現場の分かりやすい場所に設置

       (記載項目:森林の所在場所,届出者名,伐採事業者名,連絡先,伐採面積,伐採期間)

区分

添付書類

備考

伐採地及び搬出道が確認できる書類

伐採地の位置図又は字図(地籍図)に搬出経路をマーキングしたもの

必須

土地所有者が確認できる書類

登記簿謄本

必須

伐採者等の意思が確認できる書類

確約書(様式第2号)

必須

森林所有者の住所が確認できる書類

住民票(マイナンバーを省いたもの)

必須

添付書類の確認ができる書類

チェックリスト(様式第3号)

必須

作業路管理者,地元自治会等との協議が確認できる書類

協議書(様式第4号)

市長が必要と認めた場合のみ

公道管理者,河川管理者等との協議が分かる書類

関係施設管理者との協議書(様式第5号)

市長が必要と認めた場合のみ

公道(市道,農道)の管理者への申請が確認できる書類

 

許可証等の写し

 

市長が必要と認めた場合のみ

その他市長が必要と認める書類

土地の売買契約書又は立木の売買契約書

登記名義人と現管理者が異なる場合のみ

お問い合わせ先

曽於市役所 農林振興課 林政係
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
お問い合わせ E-mail s-keizai@city.soo.lg.jp
TEL:0986-76-8808 FAX:0986-76-7285

一番上へもどる