MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 伝統行事 > 住吉神社の流鏑馬

住吉神社の流鏑馬

流鏑馬

秋も深まる11月23日、住吉神社の参道で流鏑馬が奉納される。

鹿児島県内には、曽於市、肝付町、日置市に伝承されている。流鏑馬の由来は、上古、歩射に対して、騎射と呼ばれ、武芸が儀式化したものである。国家安泰・五穀豊穣のほかに年占いの性格も持ち、農民が参加する収穫感謝の色彩が強い。流鏑馬に先立ち神前では奉幣の儀が行われ、次いで馬場入りとなる。射手の装束は、鎌倉時代の巻狩りの姿で、現在は中・高生がこの大役を果たす。参道を鳥居から神社へ向かって約300メートル馬を馳せ、勢いよく走る馬上から途中3か所の的を射る。これを3回繰り返す。当たり的を持ち帰って家を葺けば栄えると言われ、また矢が的に当たるほど翌年は豊年と言われている。
当日は境内で武道大会や油竹登りなどもあり、甘酒やコンニャクなども振る舞われ、終日参拝客でにぎわう。

住吉神社

長い階段を上がると荘厳な社、そして大木。住吉神社は郷社であったが、昭和7(1932)年に県社へ昇格。
祭神は底筒男命、中筒男命、表筒男命。

住吉神社本殿と短冊は市指定文化財に認定。

アクセス

〒899-8605 曽於市末吉町二之方3995

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる