MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 吉井淳二記念大賞展

吉井淳二記念大賞展

吉井淳二記念大賞展について

審査委員紹介

森 一浩
森 一浩

1949年 ブラジル サンパウロ生
1955年 鹿児島県枕崎市に帰郷
1976年 東京藝術大学美術学部油絵科卒業
1976年 安宅賞(安宅コレクション)大橋賞
1977年

東京芸術大学大学院修了制作(首席)

文部省買い上げ賞

1982年 東京藝術大学大学院美術学部博士課程修了
1984年 第20回記念神奈川美術展準大賞
1990年 第1回風の芸術展大賞
1995年 鹿児島県市立美術館個展
2007年 MUSEU AFRO BRASIL個展(サンパウロ)
2010年 SALVADOR ALLENDE(地理)
2011年 ブラジルサンパウロ美術館個展
2012年 南溟館個展
現在 海外にも創作や発表の場を広げる(ブラジル,韓国,イタリア,ラスベガス,チリ)。19年前からサンパウロに活動の拠点をおく。ドキュメンタリー映像作家の岡村淳氏による映画「下手に書きたい」「サンバドールの水彩画」が公開される。

遠藤彰子
遠藤彰子

1947年 東京都中野区生まれ
1969年 武蔵野美術短期大学卒業
1977年 「遠藤彰子展」(紀伊國屋画廊)
1978年 昭和53年度 昭和会展林武賞受賞
1985年 「遠藤彰子展 予感に満ちた−心象の世界」(西武アート・フォーラム)
1986年 第29回 安井賞展安井賞受賞「遠い日」
文化庁芸術家在外派遣研修(〜'87年・インド)
1992年 「遠藤彰子展−群れて…棲息する街−」(西武アート・フォーラム)
朝日新聞日曜版「おはなしおはなし」全51話 挿画担当(〜'93年)文:河合隼雄
1996年 「遠藤彰子−都市風景にたたずむ人間模様を描く」(神奈川県民ホール)
1997年 日本経済新聞夕刊「刑事たちの夏」全363話 挿画担当(〜`98年)文:久間十義
2004年 「−力強き生命の詩−遠藤彰子展」(府中市美術館)
朝日新聞朝刊「讃歌」全208話 挿画担当(〜'05年)文:篠田節子
2006年 「遠藤彰子展 Akism 生命を謳う」(茨城県つくば美術館)
2007年 「遠藤彰子展−私は来ている 此処に、何度も−」(網走市立美術館)
平成18年度 芸術選奨文部科学大臣賞受賞(美術部門)
2008年 「満つる生命−遠藤彰子の世界展−」(池田20世紀美術館)(〜'09年)
2009年 「遠藤彰子展−絵からとびだした名脇役たち−」(色彩美術館)
2010年 毎日新聞「古い土地/新しい場所」挿画担当(〜'13年)文:黒井千次
2014年 「遠藤彰子展−魂の深淵をひらく−」(上野の森美術館)
紫綬褒章受章
現在 武蔵野美術大学名誉教授、二紀会委員、女流画家協会委員

最新受賞作品

一般部門

一般部門

テーマ部門

テーマ部門

  • 招待作家部門
    招待作家部門
  • 高校生部門
    高校生部門
  • ジュニア部門(中学生の部)
    ジュニア部門
    (中学生の部)
  • ジュニア部門(小学生の部)
    ジュニア部門
    (小学生の部)
  • ジュニア部門(幼稚園の部)
    ジュニア部門
    (幼稚園の部)
  • 過去の受賞作品を見る

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる