MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 宮之迫遺跡出土の土器群

宮之迫遺跡出土の土器群

宮之迫遺跡出土の土器群
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:有(考)
  • 指定日:H23.5.19
  • 所在地:曽於市末吉町二之方

宮之迫遺跡は、末吉町南之郷富田の北側の台地に位置します。
昭和55年県営特殊農地保全整備事業に伴う発掘調査が実施され、大量の土器が出土しました。土器は太型凹線文を器面に広く施しています。器形は口縁部が山形を呈するものが多く、全体は深鉢形となっています。年代としては、縄文時代中期から後期に相当します。
復元された完形土器も多く、九州東南部における指標的土器として評価されています。
多くの土器が出土していますが、末吉歴史民俗資料館に展示してある完形に近い土器21点が、平成23年5月19日に指定文化財(考古資料)となりました。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる