MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 入佐住居跡

入佐住居跡

入佐住居跡­
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:史跡
  • 指定日:S43.1
  • 所在地:曽於市末吉町諏訪方

末吉町諏訪方の入佐集落から少し離れた所にあります。
昭和38年の道路建設の際に住居跡が発見され、発掘調査が行われました。住居は工事により大きく削平されていましたが、直径が2.6メートル、掘り込みが70センチの円形住居で、中心あたりに焼土や炭化物が集中していました。出土遺物より、縄文時代晩期のごく短期間のみ使用された単純遺跡であることも判明し、遺物の時期や型式分類上非常に重要な遺跡であることが判明しました。出土した土器は入佐式土器と名付けられ、入佐住居跡は標式遺跡として大切に保存されています。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる