MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 西原段2遺跡出土の岩偶

西原段2遺跡出土の岩偶

西原段2遺跡出土の岩偶
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:有(考)
  • 指定日:H16.11.1
  • 所在地:曽於市大隅町月野1946

岩偶は、平成9年度県営特殊農地保全整備事業(折田・梶ヶ野地区)に伴う発掘調査で、西原段2遺跡の土坑(穴状遺構)内から出土しました。
この岩偶は縄文晩期前半頃(約3,500年前)と推定され、縦5.8センチメートル、横3.2センチメートル、奥行き3.8センチメートル、重さ110グラムの火成岩に顔面が刻まれています。顔を表現した石は、当時の精神文化を探るうえで貴重なものといえます。現在、曽於市埋蔵文化財センターに展示しています。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる