MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 投谷八幡宮の王子神幸

投谷八幡宮の王子神幸

投谷八幡宮の王子面
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:工芸品
  • 指定日:H27.4.15
  • 所在地:曽於市大隅町大谷

投谷八幡宮に伝わる仮面で「王子面」と呼ばれています。木製で6面あり、表は金泥で彩色され、眉・髭等を墨で描いています。裏には墨書で、弘治2年(1556)年と書かれ、願主、細工等の名前も記されています。
投谷八幡宮の王子面は室町時代の作で、各々個性的な表情を見せています。なお王子面は、南九州に残る地域独自の仮面「王面」の一種とされ、これらの面は、王面の成立や変遷を考えるうえでも貴重な資料といえます。
また、現在も毎年10月の例祭(王子神幸祭)において使用され続けている大変貴重な文化財です。
(注)原則、非公開

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる