MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 太政官高札

太政官高札

太政官高札(五榜の掲示第4札)の画像
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:歴史資料
  • 指定日:H30.3.20
  • 所在地:曽於市大隅町中之内9146番地

太政官高札(阿片禁止令)の画像
太政官高札(阿片禁止令)

明治初期に発せられた太政官布告の高札で、2枚とも恒吉郷に立てられていたものです。

1枚目の高札は『五榜の掲示・第四札』(写真左)です。五榜の掲示とは、明治元年(1868)に明治新政府が民衆に対して守るべき事項を発したものです。第一札から第五札まであり、五倫道徳の遵守やキリスト教禁止、徒党・強訴・逃散の禁止等が掲げられ、当市に残る第四札は、民衆に万国公法の履行を求めたものです。

もう1枚の高札は『阿片禁止令』(写真右)で、日本国が阿片の使用を正式に禁じた最初の達しとなります。

明治新政府の名のもと、全国各地にこのような高札が設置されたと思われますが、旧鹿児島藩内にはほとんど残ってなく、非常に貴重な歴史資料です。現在、大隅郷土館で展示しています。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる