MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 寺山地頭の墓

寺山地頭の墓

寺山地頭の墓
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:史跡
  • 指定日:S49.3.8
  • 所在地:曽於市大隅町恒吉

慶長4(1599)年の庄内の乱で、恒吉城は島津方によって落城しました。その後恒吉は島津直轄領となり、恒吉郷が設置されました。その初代地頭に寺山四郎左衛門久兼入道常雲(1567-1611)が任命されました。久兼は、島津氏の九州北伐や朝鮮の役等、各地で軍功をあげた武将です。久兼は、藩内各地から衆中を集め、恒吉郷の麓や野町を形成し、よく治めました。投谷八幡宮の再興にも努め、当時の棟札も残っています。また恒吉城(日輪城)跡には、寺山氏の氏神とされる三宝荒神もあります。
久兼は慶長16(1611)年10月29日、恒吉で没しました。45歳の若さでした。徳泉寺墓地内に久兼の墓があり、墓石に代えて杉が植えられています。現在の杉は2代目です。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる