MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 観光・イベント > 歴史と文化 > 史跡・文化財 > 徳牟礼門直右衛門法難記念碑

徳牟礼門直右衛門法難記念碑

徳牟礼門直エ門法難記念碑
  • 指定区分:市指定文化財
  • 種別:史跡
  • 指定日:S60.5
  • 所在地:曽於市末吉町深川

末吉町深川新原の国道10号線沿いに碑があります。島津藩では、約300年に渡って一向宗は禁制とされ、厳しく取り締まられました。
一向宗信者であった徳牟礼門の直右衛門は、天保12年(1841)捕らえられ拷問を受けましたが、仏を守るため、自分が犠牲となり、牢の中で自殺しました。
昭和12年に「釈雲道」法名を下付され、碑が高之峯に立てられました。後に現地に移設されました。なお、新原霊園に直右衛門夫婦の墓があります。

お問い合わせ先

曽於市教育委員会 社会教育課
〒899-8102 鹿児島県曽於市大隅町岩川5629番地
メールアドレス
TEL:099-482-5958 FAX:099-482-1148

一番上へもどる