MENU

閉じる

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 健康について > 新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナウイルスワクチン接種について

【重要なお知らせ】

 令和4年10月1日より、オミクロン対応ワクチン接種を開始します。詳しくはこちらから

接種予約について

新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

接種回数・対象者・費用

1・2回目

3回目

※2回目の接種日に応じて順次接種券を発送しています。接種券がお手元に届き次第ご予約いただけます。

「3回目接種がまだお済みでない皆さまへ」(厚労省リーフレット)このリンクは別ウィンドウで開きます

4回目 

 

 ※上記のほか、下記に該当する方も接種対象者となりました。接種を希望する方へは接種券を発行いたしますので、曽於市役所保健課(0986-76-8806)までご連絡ください。

  1. 医療従事者(歯科・薬局・訪問看護ステーションの従事者、消防職員を含みます。)
  2. 高齢者施設従事者(通所・訪問系事業所の従事者を含みます。)
  3. 障害者施設従事者(通所・訪問系事業所の従事者を含みます。)

接種にかかる費用

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください!

 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。

 曽於市がワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありませんのでご注意ください。

接種場所

※モデルナ社製ワクチン、小児用ファイザー社製ワクチンについては取り扱っていない医療機関もあります。

ワクチン接種までの流れ

5~11歳の方のワクチン接種について

5~11歳の方も、新型コロナワクチン接種を受けられます。

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ) このリンクは別ウィンドウで開きます

小児用接種[厚生労働省新型コロナワクチンQ&A] (厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

使用するワクチン

接種券の送付時期

接種時期・場所

新型コロナワクチン以外の予防接種を行う場合、原則として、新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔をあける必要があります。予約の際にはご注意ください。ただし、インフルエンザワクチンについては、間隔の規定は適用されません。コロナワクチンとの同時接種も認められています。

※小児の方への集団接種は予定していません。医療機関での接種をお願いいたします。

ワクチン接種の予約について

予約についてはこちらから

11歳・12歳の方への注意事項

ワクチンの有効性・安全性・副反応について

国によると、外国の例では、ワクチン2回目接種後7日以降の発症予防効果は90.7%であり、2回目接種後約2カ月の追跡期間において安全性が示されたと報告されています。また、副反応に関しては、注射した部分の痛みが一番多く、1・2回目共に70%程であり、38℃以上の発熱は1回目で2.5%、2回目で6.5%でした。接種後の症状は、ほとんどが軽度または中等度であったと報告されています

3回目接種における交互接種について

18歳以上の3回目接種に使用するワクチンについては、1回目、2回目に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン・武田/モデルナ社ワクチン)を用いることが適当とされており、mRNAワクチン同士の交互接種も可能になっています。

追加接種において、初回接種で使用したワクチンと異なるワクチンを使用すること(交互接種を伴う追加接種)の効果や安全性を評価した米国の研究によれば、交互接種を伴う追加接種の抗体量の上昇は良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差がなかったと報告されています。

厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aもご参照ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

曽於市に転入された方の接種券発行申請について

ワクチン接種にかかる注意事項

満5~15歳の接種について

新型コロナウイルスワクチンについての各種相談窓口

予防接種健康被害救済制度について

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)制度が設けられています。
制度の詳細は、予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

健康被害救済制度による給付に該当する場合は、健康被害を受けたご本人やその保護者の方が、接種を受けたときに住民票を登録していた市町村に申請する必要があります。詳しくは曽於市役所保健課(電話:0986-76-8806)へご相談ください。

アレルギーや副反応など医学的な相談

【鹿児島県新型コロナワクチンに係る相談窓口(コールセンター)】

・開設時間:午前10時~午後5時/毎日

・電話:099-833-3221(コロナ相談かごしま)

・FAX:099-225-0672

※7か国語対応(英語・中国語・韓国語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ポルトガル語)

ワクチン対策のあり方などについて

【国(厚生労働省)コロナワクチン相談窓口】

・開設時間:午前9時~午後9時/毎日

・電話:0120-761-770

(聴覚に障害のある方は)

・FAX:03-3581-6251

・メール:corona-2020@mhlw.go.jp

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスワクチン接種の予約について

電話予約

ウェブ予約(インターネット予約)※下記注意事項を必ずお読みください。

【1・2回目接種】

【5~11歳の方の1・2回目接種について】

上記に加え、下記にもご注意ください。

【3・4回目接種】

ウェブでの予約またはキャンセル・変更の方法PDFファイル

※バージョンが古いブラウザ(インターネットエクスプローラー等)ご利用の場合は、ログインできない場合がありますので、GoogleChorome、MicrosoftEdge、Safari等をダウンロードのうえご利用ください。

GoogleChorome(グーグルクローム)のダウンロードはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

ウェブ予約は下記よりお願いします

☝予約はここをクリックしてください。

お問い合わせ先

曽於市役所 保健課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8806 FAX:0986-76-8283

一番上へもどる