MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 行政情報 > 施策・計画 > 曽於市バイオマスタウン構想

曽於市バイオマスタウン構想

曽於市の基幹産業は、畜産を中心とした農業です。
バイオマス資源は、畜産業から排出される家畜排泄物を中心に焼酎粕・稲わら・もみがら・建築残材・下水汚泥等があります。

利活用方針は、現在行われている曽於市有機センターでの家畜排泄物の堆肥生産を中心に、その施設の充実化と農家および堆肥生産組合で耕種農家との連携を蜜にして、利活用を推進し、有機農業体系を確立します。

また、現在まで農地還元や海洋投棄している焼酎粕を、地域の基幹産業である畜産の飼料として還元する施設整備を計画しています。
今後は、曽於市のバイオマスタウン構想をもとに施設整備などが進められていく計画となっています。

曽於市バイオマスタウン構想の概要PDFファイル(412KB)

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

曽於市役所 企画課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8802 FAX:0986-76-1122

一番上へもどる