MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 行政情報 > 寄附について > 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

曽於市では、地方創生に関連する事業への活用のため、市外に本社を置く企業の皆様からの企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)による寄附を募集しています。ぜひ、ご検討いただき、積極的にご活用ください。

目次

制度の概要

企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。

令和2年度、地方創生の更なる充実・強化に向けて、従来の制度を大幅に見直しました。これにより、損金算入による軽減効果(寄付額の約3割)と合わせて、最大で寄付額の約9割が軽減され、実施的な企業の負担が約1割まで圧縮されるなど、より使いやすい仕組となりました。

制度概要このリンクは別ウィンドウで開きます

詳しくは、内閣府ホームページ(企業版ふるさと納税ページ)をご覧ください。

目次へ戻る

企業版ふるさと納税制度の活用イメージ

目次へ戻る

企業版ふるさと納税における企業のメリット

法人関係税の控除額が拡充され、企業様側の負担が最大1割となります!

◎損金算入措置に加え、法人住民税、法人事業税、法人税の税額控除の措置

◎寄付額に対する控除額の割合は、法人住民税、法人事業税、法人税の合計で 寄附額の最大9割

・法人住民税で寄附額の4割を控除
・法人住民税で4割に達しない残り分を、法人税で控除(ただし、寄附額の1割が限度)
・法人事業税で寄附額の2割を控除

◎納税額に対する控除額の上限は、法人住民税20%、法人事業税20%、法人税5%

(例)100万円寄附すると最大90万円の法人関係税が軽減

そのほかにもこんなメリットがあります!

 

目次へ戻る

寄附の要件

(1) 対象となる寄附は、10万円以上です。

(2) 寄附できる企業様は、曽於市外に本社(地方税法における「主たる事務所又は事業所」)がある企業です。

(3) 寄附をいただく取組は、本市の「曽於市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる取組となります。

※寄附に対する返礼品等は、法令により禁止されているため、特にありません。

目次へ戻る

寄附の流れ

  1. 【企業様】寄附のお申し出・ご相談(まずは企画課までご相談ください)
  2. 【企業様】寄附申出書のご提出 寄附申出書ワードファイル(14KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. 【曽於市】納付書の発行
  4. 【企業様】寄附(納付書を使用)
  5. 【曽於市】受領書の発行
  6. 【企業様】税申告のお手続き

お問い合わせ先および寄附申出書提出先

 〒899-8692 曽於市末吉町二之方1980番地

 曽於市役所 企画課 地域創生推進室

 TEL:0986-76-8802(直通)

 FAX:0986-76-4331

 Mail:kikaku@city.soo.lg.jp

目次へ戻る

寄附対象事業(曽於市まち・ひと・しごと創生推進計画)

曽於市まち・ひと・しごと創生推進計画(地域再生計画)PDFファイル(178KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

曽於市企業版ふるさと納税PRチラシPDFファイル(858KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

地方への新しい人の流れをつくる事業

財部高校跡地を活用した南九州産獣医学拠点事業

畜産が基幹産業である曽於市は,財部高校跡地に南九州地区産獣医学拠点を整備し,将来を担う人材の育成,新たな産業の創造,交流人口の増加を図ります。

1.拠点で行う事業内容

(1)全国の獣医学部生,学び直し獣医師の臨床実習研修の実施

(2)基幹産業である畜産技術者の学びの場を提供

(3)レンタルラボを活用した民間企業の誘致

2.目指すべきゴール

(1)将来を担う人材を育成し,確保します。

(2)地域畜産技術者のスキルアップを目指します。

(3)新たな産業の創造,技術革新を行います。

(4)動物福祉(アニマルウェルフェア)に配慮した農場を構築します。

(5)交流人口を増やします。

地方における安定した雇用を創出する事業

若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる事業

時代にあった地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する事業

目次へ戻る

お問い合わせ先

曽於市役所 企画課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
メールアドレス
TEL:0986-76-8802 FAX:0986-76-1122

一番上へもどる